読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄毛でも楽しく生きる

楽しい人生について

粗末でした

子供の小学校でのことです。入学式から、驚くことがありました。うちの小学校は、ベビーブームの頃に、近くの小学校から、わかれた小学校です。いまどき、少子化なのに、大変生徒数も多いのです。
入学式に子供を連れて、行ってみると、外に屋根の付いた靴置き場があります。校舎内ではないのです。コンクリートに屋根の付いたいわば、自転車置き場のようなところでした。てっきり、工事中で仮の靴置き場だとばかり思っていたら、なんとそこが、本物の靴置き場でした。
あまりに粗末だと思い、すごくかなしくなりました。玄関は先生の靴置き場なのです。子供は、教室に入るにに、3メートル程度の出入り口から入るのです。しかし、だれも疑問には思わないのです。

普段から電車通勤で、駅までは自転車通勤が当たり前でした。

そんな私が、こんなにも自転車のありがたみを感じることになるとは思ってもみませんでした。
休みだからと、駅までは家族の車で送ってもらい、楽しくショッピングに出掛け、両手に沢山の紙袋で、帰りの電車に乗り込みました。
買い物でリフレッシュ出来たし、楽しい休日を過ごせた満足感でいっぱいでした。
そして、駅に着き、帰りの迎えを呼ぶために、家族に連絡しました。
すると、皆も出掛けていて、誰一人迎えには来れない状態でした。
少し前から雨も降ってきてタクシーも居なくなってしまう状況。
普段なら自転車で十分もかからない場所ですが、徒歩だと絶対に辛い距離です。
しかも、両手に沢山の荷物と小雨というタイミングの悪さで、本当にウンザリしました。
困り果てていたら、一台のタクシーがきてくれて、無事に帰ることが出来ました。
たかが千円ちょっとの距離、たかが自転車で十分もかからない距離、そう思っていましたが、あの状況の徒歩だなんて辛すぎます。
あの時、自転車があるというありがたみを初めて感じました。

今回は振るわない

「しろつく」というオンラインゲームで、8月10日~17日16時まで発掘イベントを行っています。「しろつく」は建物を建設して自分だけの城下町を作るゲームですが、期間限定の発掘イベントでは普段通りにゲームを進めるだけでよく、しかも適当に放置しながら進められます。建物の建設が終わると宝の欠片が獲得でき、その数に応じて特産品やレアな建物の設計図、レアな武将カードといった報酬がもらえます。そんなわけで私はこの手のイベントが大好きです。過去の発掘イベントではレアな武将カードが手に入ったことがあり、そのカードは現在でもかなり活用しています。
ところが今回は、一向に振るわないのです。建設する建物のレベルが高くなると、それなりに良い報酬がもらえる確率も高くなるのですが、今回はあまり良い報酬が手に入っていません。イベントの期間も残り少なくなっているので、今回は報酬に期待しないで粛々と進めることにします。

スッポンについて

私はスッポンに興味があります。
スッポンは中国・日本・韓国などの東南アジアの川や沼に生息しているカメです。
形態は体長38.5cmで、他のカメとは異なって甲羅は角質化していないので軟らかいです。
噛む力は強くてスッポンに触れた場合は自己防衛のため噛みつくことがあります。
雷が鳴っても離さないという昔からの言い伝えがありますが、噛まれたら水に戻すだけで離れます。
生態はクサガメやイシガメに生息環境が似ていますが、水中で長時間活動でき、水底で自分の体色に似た泥や砂に伏せたり、岩の隙間に隠れたりしています。
シュノーケル状の鼻を水上に出すことが出来るため上陸して活動することは滅多にありません。
また、陸上でも素早い動きを見せます。
食性は動食性の強い雑食性で魚類や両生類、水草を食べます。
繁殖形態は卵生で、1回に50個の卵を産みます。
また滋養強壮に良く食用にされますが、特に料理ではスッポン鍋が有名です。
私はスッポンを調べてみて、噛みついたらなかなか離さないと思っていましたが、水に戻すだけで離れてくれるとは思いもしませんでした。
いつか、スッポン鍋を食べてみたいです。

たかが薬指、されど薬指

人は何かを失ったときに、それがいかに大切なものだったかに気付く、つくづくそう思うことがあります、とか言うとなんか大げさですが、手の指に小さな切り傷が出来たのです。
昨日の夜気付いたら右手の薬指の腹に小さな切り傷発見!
なんで出来たのかはわからないけど、地味に痛い。
特に何かが触れたときと、何かがかかったときが痛いんです。
傷発見後、シャワーを浴びるとお湯が沁みて痛い、髪の毛を洗うのも傷をかばいながら洗うので何かぎこちない、ご飯を作るときうっかりたまねぎを掴むと、これがまた沁みるしみる!
ついでに今こうしてパソコンで文字を打っていても薬指が使えない、、、
私てきに、薬指って親指とか人差し指なんかに比べると、あまり活躍していないイメージだったのですが、、、
たかが薬指、されど薬指!
使えないとなると、その大切さに気付かされるものですね。

白髪と抜け毛に悩んでいます

 

30代後半になって白髪が増え始め、40代になってからは抜け毛の量も多くなってきました。
若い頃は、将来白髪が出てくるなんて想像もできなかったし、いつも美容室で「髪の毛の量が多いですね」と言われていた私が、白髪と抜け毛のことでこんなにも悩む日が来るとは思ってもいませんでした。
この先の人生は、もっと髪の毛の悩みが増えていくと思うので、考えると憂鬱になります。
これまで、顔のお手入れだけは手を抜かずにしていましたが、これからは髪の毛のお手入れにも手をかけていかなければならないなと思っています。
いくら肌がきれいでも、白髪があったり薄毛の場合は老けて疲れた印象に見えてしまうと思うので・・・。
とは言うものの、白髪は染めてもすぐに伸びてきた部分が目立つようになるし、黒髪のようにしっかり染まらず色落ちがしやすいので、白髪を常に完璧に隠すのは本当に難しいです。抜け毛対策も、色々な育毛シャンプーや育毛剤を試していますが、なかなか効果が現れず悩みはまだ解決していません。
知り合いが、イクオスという育毛剤のことを話していたのでちょっと気になっています。
どうも最近の育毛剤は成分が良くなっていて、効き目が感じられるとか。それなら良いかもしれませんね。

 

良く住んでいます

すさまじい高価な高級マンションが売りに出されている一方で、まだ、こんな昭和のマンションが存在している、というよりも、巷にあふれていることに驚きを隠すことができません。自分学生のころと変わらないのです。そんな生活を、庶民はしています。
近くのお部屋の大学院生のカップルは、ごっじかは、いい家ではないのでしょうか。もしそうなら、なぜ、ここで我慢できるのか不思議でなりません。実家が大きくて、設備がいいと、こんなところには住めないはずです。もしかして、実家も古くて、機能が悪かったりするのでしょうか。それならなぜ、超一流大学には入れたのでしょうか。塾のお金は住宅にかけずに支払ったのでしょうか。不思議に思ってします。